Evernoteの文字サイズが変わる時の対処法!変更はショートカットキーが便利! | お役立ち情報満載ナビ

Evernoteの文字サイズが変わる時の対処法!変更はショートカットキーが便利!

Evernote

Evernoteを使っていると、文章を貼り付けた際に書式設定までコピーされてしまうことがありますよね。

この場合、文字サイズが変わったり不要な装飾も入ってくるため、せっかくの文章が見づらくなってしまいます。

 

そこで、Evernoteの文字サイズを変更する方法をお伝えしていきます!

また、ひと手間かかってしまうのは致し方ないですが、便利なショートカットキーを使えば、面倒も半減しますよ。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Evernoteに貼り付ける際に文字サイズを変更する方法

Evernoteに文章を貼り付ける際、あらかじめ文字サイズや装飾の設定をクリアする方法があります。

これは、フォントの大小を含んでいたり、太字や赤字などが混じっている部分をコピーする場合に便利です。

 

その方法は、ペーストのショートカットキーに「shift」キーをプラスするだけです!簡単ですよね。

これだけで、Evernoteに文章を貼り付ける際に書式設定をクリアできるので、文字サイズや装飾を統一した状態にすることができますよ。

 

それに、この方法はEvernoteだけでなく、たとえばWordで作っておいた文章をブログなどに貼り付ける際にも有効です。

いろいろな使い方ができるので、試してみてくださいね。

 

ちなみに、ペーストのショートカットキーは、

  • Windowsの場合→ctrl(コントロール)+v
  • iOSの場合→command+v

です。

これに「shift」を合わせることで、文字サイズを変更しましょう。

Evernoteに貼り付け後の文字サイズを変更する方法

Evernoteにすでに貼り付けてある文章の文字サイズを変更したい、という場合もありますよね。

その場合の対処方法は、

  1. 文字サイズを変更したい範囲を選択する
  2. ショートカットキー(ctrl+shift+スペース)を入力する

これだけで書式設定をクリアでき、文字サイズや装飾を変更することができます。

 

ちなみに、shiftキー無しの「ctrl+スペース」でも、文字サイズや文字色を変更することができます。

しかし、見出しなどの設定がされている場合は変更できず、一部のみの変更となることを覚えておきましょう。

 

つまり、単純に文字サイズや文字色の装飾を変更するだけであれば、より簡単な「ctrl+スペース」だけでも良いですね。

うまく使い分けて、サクサク進めていきましょう。

AndroidでEvernoteの文字サイズを変更する方法

AndroidでEvernoteの文字サイズを変更したい場合は、以下の手順で行うことができます。

  1. 右上・右端のメニューアイコン(縦に・が3つ並んでいるもの)をタップ
  2. 「書式を簡略化」という項目が中ほどに出てくるのでタップ

これだけです!

 

ただし、Androidでは文字サイズや文字色は変更できるものの、

  • マーカー
  • アンダーライン
  • 太文字

などは変更することができません。

 

あくまで、「書式を簡略化」ということなので、細かい部分は目をつむるほか無いのが現状ですね。

iPhoneでEvernoteの文字サイズを変更する方法

iPhoneでEvernoteの文字サイズを変更したい場合は、以下の手順で行いましょう。

  1. (新規の場合)右上にある「保存」をタップ
  2. 右下・右端のメニューアイコン(…と横に・が3つ並んでいるもの)をタップ
  3. 「スタイルを削除する」をタップ
  4. 「標準テキストにする」をタップ
  5. もう一度、2.と3.の手順を行い、「スタイルを削除する」をタップ

このような手順で、文字サイズを変更することができますよ。

 

二度手間のようなところもあって、ちょっと面倒に感じるかもしれませんね。

しかし、この手順通りに行わないと、文字サイズが揃っていなかったり、リンクが外せないなどの支障が出てしまいます。

 

きれいに文字サイズを整えるにはこのステップが必要なので、ぜひ試してみてくださいね。

シンプルで見やすいEvernoteをさらに活用してきましょう!

コメント